雪合戦のことなら、すべてここにある。

Yukigassen magazine

雪マガ編集部は「日本スポーツ雪合戦 選手会」を支援しています。

雪マガ編集部キャラクター

『もりの☆ぶら吉』

0830ぶら吉.jpg

Yukigassen magazine Link

yukimaga15.jpg

​ブログは毎日更新中!

  • Facebook Social Icon
insta.PNG
  • YouTube Social  Icon

instagram

YouTube

Blog

BlogⅡ 

雪合戦マガジン編集部:365日、雪合戦を発信中!

雪合戦の事なら何でもお問い合わせください。 

スポーツ雪合戦については、こちらから

 

雪マガNEWS

雪合戦体験 

大会参加

雪合戦企画 

雪合戦マガジン15号は、クラウドファンディングへのご支援により制作できました。

 2021年、全国の皆さんのご支援により、雪合戦マガジン15号の発行にむけ、製作に取りかかり、年明けの2022年1月20日にすべて完成する事ができました。この冬の大会がある事を信じて進めましたが、ご周知のとおり今シーズンも全国の雪合戦大会も開催を見送る地域が大半となってしまいました。チームの存続にかかわる選手個人の雪合戦離れも危惧しています。危機感とともに再活動するための普及ツール制作の必要性を考え、今回、日本スポーツ雪合戦選手会の監修の上、製作いたしました普及ツール小冊子「雪合戦のススメ」は選手会を通じて全国に配布し活用しています。

谷岡康徳さんの手記

【雪球が世界に飛んだ日】全編公開中です。

yukidama_tanioka.JPG

制作した普及用小冊子の内容を公開します。

普及版[雪合戦のススメ]小冊子 
●対象は体験者やチームメンバーの勧誘、小学生の指導や普及に使えるものとして考えました。
●ルールが異なる場合もあるので、大まかなルールに留めて、応用範囲も任意でという考え方です。

21_09.PNG

選手会監修のもと制作致しました。表紙をクリックいただくと​内容が確認いただけます。
​リターン品としても提供させていただきます。A5 ×12P

 まず、この停止した二年を含め一度、雪合戦を総括する機会と捉えて次の雪合戦マガジンを制作中です。もう1点は新しい『雪合戦のススメ』改定版です。そして新型コロナ禍後に「雪合戦界」の現状回復に活用できる普及ツールとして小冊子を製作いたしました。前者は専門的に、後者は普及、体験者用に原点にもどり、競技性だけに捉われずに幅広く「雪合戦」の普及拡大やメンバー勧誘に使えるマニュアルにしたいとと考えています。小冊子は「選手会」の監修により10000部を制作、日本スポーツ雪合戦選手会の普及活動支援として加盟チームへの配布と、支援者様への配布による普及拡大のツールとして考えています。

NEWS 

2021.5
●乾杯編
雪合戦マガジン編集部主宰 2020.7
雪合戦ルール・審判検定解答篇を公開。

【選手会チームの普及活動を支援します】

​地域で雪合戦普及に取組んでるチームへ「雪合戦のススメ」小冊子をお送りします。

●雪合戦マガジン編集部 最新号 

yukimaga15-susume.png

●雪合戦マガジン15号(2022.01.20)

 PLAYBACK:2018年の昭和新山国際雪合戦、一般の部決勝を振り返る「その時、試合が動いた」。近年、見どころのポイントが凝縮されたファイナルゲームを特集。「雪合戦白書」この30年あまりの雪合戦のすべてを編集部の視点で総括しました。そのほか取材企画などを掲載。A4版96P 1,100円税込み 

​NEXT

●雪合戦マガジン別冊 「雪合戦のススメ」改定版

【雪合戦プレイブック】A4版84P 1100円税込み

 2012年初版分の改定版です。初心者向けの簡単ルールから、審判資格者向けの実践解説と2つの組織によるルール比較とルールブックには記載されていないポイントを解説。競技者向けの視点で中級上級を目指すスキルアップのポイントを掲載しています。
2022年シーズンは雪合戦マガジン15号とのセットでの販売とさせていただきます。

●今回はクラウドファンディングによる全国の雪合戦人の皆さんによる支援いただき、雪合戦マガジン・雪合戦のススメ、普及版小冊子「雪合戦のススメ」を完成することができました。

ご購入